2020 4 25

離婚成立していなくても奥様名義で住宅ローンを組めるようになりました。

離婚成立していなくても奥様名義で住宅ローンを組めるようになりました。

住まいの情報を配信しているSumai-pro編集部です。

離婚成立前に奥様が別居先を住宅ローンで購入することを難しくしていた“裏ルール”がフラット35では撤廃されたことについてです。

少しプライベートな内容に触れる記事です。
それでも、住宅ローンの相談しても“裏ルール”のせいで断念されていた方、
また他の銀行も“裏ルール”の早期撤廃になることを願いこの記事公開します。

“裏ルール”別居目的で奥様名義の住宅ローンは組めない。

奥様の名義で住宅ローンを組むということはよくあります。
“裏ルール”が適用されるのは奥様が別居を目的とした住宅ローンは利用できない。と言うものでした。(未だ撤廃されていない金融機関もありますが、、)

とある奥様のお話

Sumai-proに掲載いただいている不動産会社に奥様よりお問い合わせがありました。

【相談内容】

・ご主人名義の家はあるが、私(奥様)名義のマンションが欲しい。
・共働きだが住宅ローンはご主人様だけ
・ご主人名義の自宅とは車で20分程度の距離のマンション

不動産会社の担当者はお客様へ物件の提案と併せて、とある都市銀行に担当者に相談したところ根掘り葉掘り聞いてくるよう指示しました。

銀行から聞いてくるよう言われた内容は

・別に家が必要な理由は?

・ご主人様が連帯保証人なってくれるのか?
・別居なのか?
・離婚を考えているのか?
・離婚成立しているのか?
・離婚調停中ではないのか?
・離婚成立した場合、養育費などはどうなりそうか?

あまりにもプライベートな内容だったので、不動産会社の担当者はふみこんだ聞き取りをすることを十分に詫びたうえで

・ご主人様が連帯保証人なってくれるのか?
・別居なのか?
・離婚を考えているのか?

の3点だけをお聞きしたところ

・連帯保証人のつながりをもつのは嫌
・別居がしたい
・離婚は考えてはいるが落ち着いてから相手方と話がしたい

という回答が返ってきました。
とある都市銀行担当者に内容を伝えると

「離婚を助長する住宅ローンは貸し出しできない。」

と回答が返ってきたそうです。
なら、
・離婚成立しているのか?
・離婚調停中ではないのか?
・離婚成立した場合、養育費などはどうなりそうか?
聞き取り依頼するなよと思いながらも、一つの疑問があったのでお聞きしたそうです。

不動産会社の担当者:「ご主人様が別居目的とする場合はどうなる?」

銀行の担当者:「相応の理由があれば、セカンドハウスローンです。」

 

不動産会社の担当者:「その場合、連帯保証人は・・」

銀行の担当者:「いらないでしょうね。」

不動産会社の担当者・銀行の担当者:「・・・・」
結果奥様は住宅ローンは組めなかったそうで、その後は不動産会社の担当者も連絡を取っていないそうです。

もし、まだ住宅ローンを組めないと思っているならば不幸なことです。
フラット35なら組めるようになっています。

“裏ルール”は男尊女卑??

住宅ローンの審査は明確なものです。
お客様へ公表されるされないは別としてほとんどの基準には“公平”なルールの上審査されています。

実はこの内容はそんな公平でない“裏ルール”をどうなんだろうと考えている金融機関にお勤めの方から教えていただいたのが数年前。
その方は金融機関に自覚、無自覚に関わらず男尊女卑がまだあると仰ってました。

住宅支援機構(フラット35)はそんな状況を理解した上で“裏ルール”撤廃に踏み切ったのではないでしょうか。

住宅ローンの審査を無事通過するためには安定的な収入が必要です。個人情報が傷だらけではいけません。でも、男性だから女性だからといった審査基準が完全に無くなるべきではないでしょうか。少し言い過ぎかもしれませんが、、

“裏ルール”で覚えている担当者も多い

別居を目的とした住宅ローンの取り扱いになれた担当者もまだまだ少ないです。
住宅ローンが通らないと思い込んでいるかもしれません。

もし、住宅ローンの相談をしたときに
「住宅ローンが通らない」と思い込んでいる節があれば、フラット35ならどうですか?
とお聞きしてください。
フラット35を取り扱い金融機関へ聞いていただけると思います。

 

“離婚成立前に別居を目的とした住宅ローンは奥様は利用できない。”
は最近撤廃されました。

不動産のプロ

「住まいのプロ」とともに読み手に役立つ住まいの情報を配信していきます。

Sumai-pro編集部

京都府京都市下京区貞安前之町594 5F 075-744-1501
いますぐお問い合わせ
掲載コラム × 27
詳しく見る