2021 2 9

高性能窓には 膨張式シーリングテープ VKP🄬 |ドイツ・ウルト社製

この記事は高性能窓をより性能を引き出す膨張式シーリングテープ VKP🄬プラスについてです。窓に比べるとまだまだ認知の低いシーリングテープですが、窓と住宅のつなぎ目部分の施工が不十分だと、せっかくの高性能な窓の性能も発揮できません。

 

「高性能窓には 膨張式シーリングテープ VKP🄬プラス をつけてください。」
環境先進国ドイツ からの提案です。

 

窓は遮熱・断熱の最重要ポイント!

省エネ性能を気にしないで家を建てる方はほとんどいないのではないでしょうか。「快適な室内温度を保つ」その中心にあるのが「窓」などの開口部です。

驚かれる方も多いのではないでしょうか?

「夏は73%」「冬は58%」も窓から熱の侵入ないし熱の流失が起きています。

なので高性能な窓を選ぶことで大きく暮らしぶりは変わります。
省エネ意識の高まりとともに、熱伝導率が大幅に改善される樹脂サッシなど高性能な窓を利用が増えているのにも頷けます。

 

 

窓だけじゃない!? 遮熱性/断熱性能には施工も大事!

窓の性能は日々進歩しています。
それでも共通するのは窓と建物のつなぎ目においては窓だけでは十分な性能が発揮できず、漏気をしてしまえば、その断熱性は発揮されません。

 

次の段では漏気対策をした窓としなかった窓の気密測定の結果です。

 

高性能窓と高性能窓+VKP🄬プラスの比較

どれだけサッシの性能が良いものがあっても、サッシの取り付け部分は遮熱/断熱の弱点です。取付部分の施工の違う2つの窓を気密測定装置(以下写真)で調べた実験。

高性能窓と高性能窓にVKP🄬プラスをしたものを比べると漏れる空気の量は1時間あたり82%減少します。

膨張式シーリングテープ VKP🄬が気密テープとも呼ばれる所以です。

夏時期 74%とも言われる熱の侵入には窓周辺の気密性を向上させることでエアコンの効きも大きく変わることでしょう。

シーリングテープ VKP🄬 施工例

 

施工方法:フィン裏側に取り付け。

窓と建物躯体の隙間幅に対応したVKP🄬テープをフィン裏側に取り付け。

効果:気密・防水

 

膨張式シーリングテープ VKP🄬とは?

約20分から数時間で2~3倍に膨張してすき間を埋めます。(※温度によって膨張時間が異なります。)

一度固まってしまうシーリングなどと比べると確実で、木材の乾燥や収縮、躯体の歪みにまで追従。10年後も変わらない性能を維持します。サイズ展開も豊富なためすき間に合わせて施工することができ、適正なすき間幅で性能を発揮します。

まとめ

設置後は全く見えなくなってしまうシーリングテープについてでしたので、一般のお客様には少しわかりにくい点も多いかもしれません。高気密高断熱性能を求められる現在の住宅において、窓まど選びだけでなく施工もしっかり押さえていただきたい。

 

冬暖かく夏涼しく、省エネな住まいにしたくて高性能な窓をお選びいただくなら、窓の弱点のつなぎ目部分の施工方法まで気にかけてください。VKP🄬テープを使用することで漏れる空気の量が約83%変わります。

気になる点がありましたらHPをご覧ください。

 

(ホームページはこちら≫≫)

HP内一部内容

DIN 18542:2009に準拠したBG1で、600Paを超えるシーリング特性をテスト済み

要求されるテストパラメータを満たしており、横殴りの雨への耐性がテスト済みで保証されています。

Würthシーリングシステムの各製品は、素材の親和性の面でお互いに適合しています。

優れた環境適合性

TÜV Rheinlandにより生態学的な安全性をテスト済み

無溶剤およびEMICODE Ec1plus

人間にも環境にも無害

横殴りの雨への耐性を持つシールを形成して、隙間を埋める