2020 1 24

高気密住宅とは?|断熱と換気を両立した住宅

守口市を中心に高気密住宅を提供するマールク|株式会社丸富工務店

大阪守口市のマールク/株式会社丸富工務店です。

弊社ではお客様に引き渡す住宅、1棟1棟に気密測定を行い、気密性の高い住宅をお渡ししています。この記事では住宅の気密と密接な関係を持つ「断熱性」「換気」について弊社の取り組みを交えてご紹介させていただきます。

断熱性能が高いだけでは良い家とは言えません。

換気がされる家だけでは良い家ではありません。

この2つを高い次元で両立するには「気密性」が重要でした。

断熱と換気を両立させることは快適さと健康を両立させること

・「冬暖かく、冬涼しい。そして光熱費が安い」

・「室内空気が絶えず汚されることなく、換気がされている」

この2つが高い水準で両立している住宅が良い性能の住宅になります。

しかし、この2つは気密を重視せず両立しないのです。

断熱性だけが高くても空気は汚れる。

外がどれだけ熱くなっても、涼しくても室内は快適。

そんな住宅を建てるために最も重要事項は「断熱性能」です。

断熱性能が良い住宅ですと、外気の温度差に室内温度が影響しにくくなります。

外気の温度差に室内温度が影響しにいくと言うのが断熱性

しかし、断熱性能だけでは室内空気が汚れいくという視点が入っていなければ、断熱性能だけが高くても、住みにくい家になってしまいます。

空気の汚れを追い出すために計画的な換気が必要

室内空気は汚れがちになり、建材や家庭用品からでる化学物質が室内にこもり、それが原因でシックハウス症候群や、アレルギーなどに悩む人が増えてしまいました。
そのため2003年建築基準法の改正で「換気」が義務付けられました。

換気義務の回数をご存知ですか?

2003年建築基準法改正では換気義務は0.5回/hと決められました。

健康的に住むには1時間に室内半分の空気を入れ替えなければなりません。住宅は暖房器具を付けている付けていない関係なく換気し続けないといけないのです。

エアコンや暖房機でせっかく暖めた、もしくは冷まして手に入れた最適温度を1時間に1回窓を開けて換気することで無に帰してしまう。窓を閉じた後は、早く最適な温度にするためにエアコンや暖房機をつけなおすことでしょう。

それでは、なんの為の断熱性能なのでしょうか?

断熱と換気は相反しているのです。

 

高い水準で両立させるための「高気密住宅」!

相反する断熱と換気を両立するには、コントロール下に置くことができるかどうかにかかっています。そこで高気密でコントロールできる状態にします。その上で換気システムを装備します。

弊社が取り入れている熱交換する全館換気システムについては別記事にまとめています。

そちらをご参照ください。

マールクの高気密住宅と一般住宅

そしてつくられた住宅は比類ない気密性を持った安心いただける住宅になるのです。

そして断熱と換気を両立しうる住宅が出来上がるのです。

高気密住宅は手仕事で作る。

気密性を表す単位はC値(相当隙間面積 単位cm2/m2)と呼びます。

高気密住宅は建築現場の手仕事で作られます。

職人さんの腕と技術と丁寧さで大きく変わります。

気密性を高めるための細かい施策を手作業で取り組んでいます。

ひと手間ふた手間とかかる作業ですが、後からでは壁を壊さないと施工できなかったり、もう工事ができない場所もあり大変な場所ばかりです。丁寧に丁寧に家づくりしています。

 

時間が経つと膨張して膨らみます。わずかな隙間さえもこのふわふわになったスポンジのようなテープでふさいでくれます。防水、気密、断熱、結露防止の効果が効率的に発揮します。

1邸1邸行う「気密測定」

ハウスメーカーでは実験で建てた住宅を参考数値として紹介されることが多いようです。
弊社では1棟1棟 気密測定を行い、数値で確認しお施主様に住宅とともに気密測定結果報告書をお渡ししています。

断熱と換気の為だけじゃない気密性

断熱や換気を両立を実現するだけでなく、気密性には住宅にとってとても大切なことを防止・予防します。

一部をご紹介

壁の中の結露(壁内結露を予防)

家の中の多く湿気を含んだ空気を壁の中に入れないことで壁の中でできる結露を予防することができます。
壁内結露は家の万病(カビ・腐れ・シロアリ)の原因です。カビは見えないのにカビ臭い。
そんな場合、壁内結露がカビを育てているかもしれません。

 

外気の汚染物質の侵入防止

PM2.5や花粉などから室内に逃げているにかかわらず、気密が低い住宅だと室内へも知らず知らずのうちに外気の汚染物質の侵入を許してしまいます。

気密性にこだわるのは快適と健康を両立にこだわること

断熱と換気を両立させることは快適さと健康を両立させることです。

小さい子供さんがいらっしゃるご家庭、

老後の家として考えているご家庭、

皆様にとって「気密性」は大切なことです。

だからこそ、丸富工務店では「気密性」を含めた妥協しない住宅を建てていきたいと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

併せて高気密住宅に最適化された全館換気システムについての記事もご参照ください。

建築のプロ

1棟ごとに気密測定を実施する工務店建物の基本性能に一切の妥協しない家づくり

高気密住宅 Mark

大阪府守口市梅園町2番27号 06-6998-8155
いますぐお問い合わせ
掲載コラム × 5
詳しく見る